放っておいても改善されない|ハリは化粧品で奪い返す

ウーマン

仕上がりが大切

メイク

付け方が問題

ファンデーションは、ムラなく均一に付けて始めて美肌効果が得られます。塗り方にムラがあると顔に陰影が加わり、くすんだ印象になってしまうのが難点です。毛穴やシミがカバーされていない場合は、老けた雰囲気を与えてしまいます。リキッドの場合には特に色ムラの発生率が高いです。一方、パウダータイプは何度も塗り重ねることで部分的に厚塗りになる可能性があります。タイプによってファンデーションを使いこなすことが、メイクでは求められます。急いでメイクする習慣がある方は、要領よく塗るコツをマスターすることが必要です。どうしてもムラになってしまう場合は、エアーファンデーションなどが便利と言えます。使い方次第で効果が変わるのが、ファンデーションの特徴です。

崩れ具合が左右される

現在では、皮脂分泌をコントロールするタイプのファンデーションもあります。化粧崩れも防いでくれるのが、この手のオイルコントロールファンデーションです。ですが塗り方にムラがあると、ファンデーションの効果が十分に得られなくなります。その結果生じてくるのが、部分的な化粧崩れです。ミストで吹き付けるエアーファンデーションは、肌に均一に成分が付着します。ですので、有効成分が肌全体で作用するのが大きなメリットです。部分的な化粧崩れも起こりにくく、付けたての状態を保つことが可能です。エアーファンデーションは、メイクのもちも良くしてくれます。時に肌ケアにもプラスに働いてくれるのが、エアーファンデーションの魅力です。